再生毛ケア成分で青ひげを抑える

ゼロファクターの5αSPシェイブジェルでは再生毛ケア成分を配合しています。
第二成長期から男性ホルモンのテストステロンの分泌が活発になり始めます。
このテストステロンが血液に乗ってひげの毛乳頭に運ばれると還元酵素と結合し、髭を濃くするDHTに変化することがありました。
人によっては青ひげで悩まされることがあります。
そんなときでも5αSPシェイブジェルなら還元酵素に作用する再生毛ケア成分により、青ひげが次第に薄くなっていくのが魅力です。
今まで使用していたシェービングクリームから5αSPシェイブジェルに替えるだけと簡単です。

 

美肌成分で肌を保護

カミソリでひげ剃りしていると肌荒れすることがありました。
この肌荒れはカミソリによる刺激で起こります。
カミソリの刃はひげだけじゃなく肌も一緒に削られることが多いのです。
肌を守っている部分が削り取られると外部からの刺激に対して弱くなります。
ヒリヒリ感や赤み、かさつき感などの症状が見られますが、5αSPシェイブジェルでは美肌成分も配合しているため、肌を保護しながらひげ剃りが行えます。

 

5αSPシェイブジェルを使用するひげ剃り方法

まずは蒸しタオルを電子レンジでチンして作り、口やあごに当ててひげと肌を柔らかくします。
柔らかくなることでひげ剃りしやすくなります。
その後に適量の5αSPシェイブジェルを塗り、再生毛ケア成分を肌に浸透させます。
カミソリで剃るときはひげの流れに沿って行って下さい。
ひげ全体を剃った後、剃り切れないひげがあった場合はひげの流れとは逆方向に剃っていきます。
ひげの流れに沿って剃ることを順剃り、逆方向に剃ることを逆剃りと言います。
逆剃りは深剃りしやすいものの、肌に負担がかかるために注意が必要です。
3枚刃、4枚刃など枚数の多いカミソリを使用したほうが肌への刺激が少ないです。
最近では5枚刃まで登場しており、1枚当たりにかかる肌への負担が分散されています。
ひげ剃りは基本的に1日1回のため、5αSPシェイブジェルも1日1回使用します。
もしひげが薄くならない場合は、帰宅時にもう1回使用してみて下さい。
2回目はひげ剃りせず、5αSPシェイブジェルを塗るだけで大丈夫です。
個人差がありますがひげが薄くなってくるまで3か月から6か月ほどかかります。

 

5αSPシェイブジェルの価格は?

ゼロファクター公式サイトで5αSPシェイブジェル一般定価3800円のところ、販売価格2743円となっています。
定期購入ならさらに2538円と安くなります。
続けたいときは定期購入のほうがお得です。

 

 

関連記事

    None Found