戸建住宅に住んでおりまして、太陽光発電にとても興味があります。
今ショッピングモールなどで、たくさん営業されていますよね。
営業の方に聞くと、やはりいいことばかりおっしゃいますが、自分で調べてみると、どうやらいいことばかりではなさそうです。
太陽光発電をつけていれば電気代が安くなると思っていたのですが、それは全く違うんですね。
買取制度があり、お金が戻ってくるシステムだとか。
しかしどうも調べてみるといいことばかりではなさそうな感じがします。固定価格買取制度の期間が終わる10年後にいったいどの程度回収できているのか?
もしかしたら損をする結果に終わるかもしれません。
そして、太陽光発電の取り付けも、自治体によっては補助金が出るところもあるそうですが、我が家のある自治体に補助金制度はありません。
周りの新興住宅地は太陽光発電をつけることがステータスのような感じになっていますが、うちはつけるのを今躊躇しています。
オール電化で、電気代が高い家庭にはいいかもしれませんが、うちはオール電化ではありませんし、倹約一家ですので、安いときは月5千円くらいでおさまっていますので、主人からも反対されています。
太陽光発電で貯めた電気を、自分の家で使えるようになればいいのに…と思いました。

太陽光発電について、私が参考にしたのはこのサイトです⇒太陽光発電 買取制度

関連記事


    これまで太陽光発電と電力自由化にあまり関心がなかったという人はこの2つの違いもあまり分からないと思います。 では、実際に太陽光発電と電力自由化はどこが違うのかというとそれは太陽光発電は自宅に太陽光パネ…


    太陽光発電は、自然の影響に注意しなければなりません。 その中のひとつに、塩害があります。 塩害とは、その名の通り塩分による錆びなどの被害のことです。 主に沿岸部などで、潮風が原因で起こります。 太陽光…


    太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスを利用した再生可能エネルギーの中で、太陽光発電がなぜ急速に日本で普及したのか? 1993年に1000世帯にも達していなかった年間利用者増加数が2010年には10万世…