日焼け止めの使い方によっては紫外線以上に悪影響

これだけ紫外線がよくないと認識された今、当たり前のように紫外線対策として日焼け止めを利用する方はたくさんいます。

人によっては、一年中日焼け止めを使用している、というケースも稀ではありません。

紫外線の害を知っている方なら、「私ももっとしっかりやらなきゃ」って思うでしょう。

しかし、お肌にとって害があるのは日焼け止めも同じです。

どれだけ肌に悪影響を及ぼすのかを理解していないで、「紫外線をカットするために日焼け止めを使う」と単純に考えている方は本当に多いです。

もちろん、UVケアもとっても大事ですよ。
ですが、年がら年中日焼け対策のためにUVクリームを塗るのはお肌にとっては逆効果です。

まずはUVケア商品の害を知ってください。

一般的な日焼け止めに含まれている「酸化チタン」という成分をご存知ですか。

この成分、細胞を酸化させる悪さをします。
中には酸化チタンが酸化しないようにコーティング成分が含まれているものもありますが、そのコーティングを落とすには専用のクレンジングなどが必要となります。
専用のクレンジングは必要な角質まで剥がしてしまいますので、肌の機能が低下するのです。

また、汗をかいたり水に濡れても大丈夫なウォータープルーフ。
水を弾くほどの油分が含まれているので、その油分で肌は空気を取り入れられず皮膚呼吸ができなくなります。
結果、皮脂膜の作られるず肌の機能が低下して乾燥肌となります。

日焼け止めは、場合によっては紫外線よりも害が大きいと言えます。

日焼け止めは必要な時だけ使う

紫外線対策は日焼け止め以外でもできます。
例えば、日傘や帽子、アームカバーを使うなど。

日常的な紫外線対策としては、これで足ります。

ただし、屋外でスポーツを楽しむ場合やプールや海では、足りませんね。
そういった場合の時だけは、日焼け止めを塗って対策するようにします。

1年中、良かれと思ってUVジェルなどを塗っている方は、それはやめた方がいいでしょう。
お肌のことを考えるなら、塗らない方法でのUV対策に切り替えるべきです。

もっと詳しく知りたい方はこちら⇒東武スーパープール 日焼け止め 禁止

関連記事


    これから子供の運動会や夏休みの旅行やプールなどのレジャーで 日差しの強い時間に屋外に出る機会が多くなります。 3年くらい前からママ友から教えてもらった飲む日焼け止めを屋外でのイベントの時には飲んでいま…