これまで太陽光発電と電力自由化にあまり関心がなかったという人はこの2つの違いもあまり分からないと思います。
では、実際に太陽光発電と電力自由化はどこが違うのかというとそれは太陽光発電は自宅に太陽光パネルを設置して自家発電をして電力を賄う事で電気代を安くできるというものですが、電力自由化の場合は別に太陽光発電みたいに自宅に太陽光パネルを設置するような事はないです。
ですが、電力自由化が始まったおかげで同じようにそれまでの電気代も安くなりました。
それはどうしてかというと、電力自由化によって自分の家の電気の使い方に合った電力会社を選べるようになったからです。
例えばこれまであったのは深夜に電気を使えば電気代が安くなるというのはありましたが、電力自由化によって深夜以外の時間帯に電気を使えば電気代が安くなるという電力会社も電力自由化によって出てきました。
ですから、電力自由化というのはこれまで選択の余地がなかった電力会社を選べるようになり
それで最も電気代が安くなるサービスを提供している電力会社に乗り換える事が可能になりました。
なので、太陽光発電も電力自由化も電気代が安くなるという点では同じですがその方法は全く違います。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 違い

関連記事


    戸建住宅に住んでおりまして、太陽光発電にとても興味があります。 今ショッピングモールなどで、たくさん営業されていますよね。 営業の方に聞くと、やはりいいことばかりおっしゃいますが、自分で調べてみると、…


    太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスを利用した再生可能エネルギーの中で、太陽光発電がなぜ急速に日本で普及したのか? 1993年に1000世帯にも達していなかった年間利用者増加数が2010年には10万世…


    太陽光発電は、自然の影響に注意しなければなりません。 その中のひとつに、塩害があります。 塩害とは、その名の通り塩分による錆びなどの被害のことです。 主に沿岸部などで、潮風が原因で起こります。 太陽光…