肝斑とは、主に30代~40代の方に見られるお肌のしみのことを言います。
一般的なしみとは違い、顔の頬や額など左右対称に、淡褐色のしみが出来るのが特徴です。
肝斑の表れる原因として、もちろん紫外線は原因の1つですが、肝斑の発症が高齢者には見られないこと(閉経後には薄くなっていくそうです。)、経口避妊薬の服用や、特に妊娠時にはしみが濃くなることから、女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。
肝斑の対策としては、紫外線対策は基本ですが、トラネキサム酸を主成分とした医薬品、ビタミンC、Eなどの服用が一般的で、特にトラネキサム酸は、黒色化したメラニン色素の炎症を抑え、無色化することで、しみを目立たなくすると言われており、女性ホルモンに影響を与えることもありません。
他には、ストレスも肝斑の原因とされていて、気分転換や充分な睡眠を取ることも必要です。
治療に関しては、レーザーなどでしみを取る方法もあるようですが、専門医に相談することをお勧めします。
アンチエイジングに敏感な女性達にとって、肝斑は深刻な悩みです。
紫外線予防をしっかりするとともに、医薬品や化粧品などを上手に使用し、ストレスを溜めない生活をすることが大切です。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒肝斑 原因

関連記事


    人は年齢と共に細胞も老化していきます。 そうするとお肌のターンオーバーにも時間がかかるようになり、いつまででもシミを含んだ古い角質が肌表面に残ることになります。 これは美容や美白の大敵です。その状態を…


    口コミなどで話題となっている「ロスミンローヤル」。 40年以上もの歴史があり、そのシミ・シワ改善能力から使用者から高い評価を得ている今商品。 良い意見がある一方で悪い意見という物も存在していることをご…


    通年怠ってはならない日焼け止め。この日焼け止めのスキンケアにはどれだけの時間やお金を費やした事か。 口コミで良いと聞けば迷わず購入。新製品が出れば即購入。いろいろ試したけどやっぱりどれが良いのか迷って…


    第3類医薬品 生薬製剤のヨクイニン錠SH. 5歳以上の子供から飲むことができる イボ 薬。でも医薬品だからこそ、気になることも。 新日本製薬 イボ 薬、よくある質問を まとめました。 ヨクイニンとハト…


    ロスミンローヤルは漢方の力やビタミン類などにより、肌のターンオーバーと呼ばれる再生機能を正常に整えシミや肌のトラブルを改善していくお薬となっています。 ですがこのロスミンローヤルの効果が時間がたっても…