今現在行われている外壁塗装にはどのようなものが有るのか、私が知っている限りでは3種類の外壁塗装で全ての塗装が行われていると思います。
まず1番多いのがサイディングなどに用いるアクリル塗装です通常、塗装屋さんに頼んだ場合アクリル塗装は2度塗りする業者が多いでしょう。
次に昔流行ったヘーベルライトの専用塗装のボンタイル塗装、そして今流行りの壁が少しザラッとした川砂と塗料を吹き付けるリシン塗装の3種類が今現在住宅の塗装に用いる種類と言っても、間違えでは無いと思います。
外壁塗装と言っても簡単に分けて3種類もの有るのですから、一般の方からすればどんなものがあるのかと不思議に思うかもしれません。
しかし簡単に分けてしまえばヘーベルライトにはボンタイル塗装、サイディングに関してはアクリル塗装又はリシン塗装を用いる事が出来ます。
住宅の外壁に出来る塗装は、大体この3種類で出来ると言えるでしょう。
私が知る範囲ではコンクリート打ちっぱなしの住宅に塗装をする事は意味が無いと思いますし、外壁が木材で出来ている住宅に関しては、今現在私自身は見た事が有りません。
もし外壁が木材で出来ている住宅が有ったとしても防水性能の高いアクリル塗装で対応できると思います。
外壁塗装について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒外壁塗装 どんなものがある

関連記事


    外壁塗装で一番人気がある色は、ベージュ系の色で特徴としては、白に少し黄色が入っているので、薄い黄色という具合です。 しかし、色についてのはっきりとした基準がないので、業者によって色の呼び方は変わります…