スーパーフルーツ「カムカム」は、サクランボのような形をしたフルーツで、フトモモ科ギブドウ属に分類されている植物のことです。
コンブチャクレンズに含まれている成分で日本ではあまり馴染みがないフルーツですが、女性の美容と健康にはとても効果があります。
カムカムは南アフリカ西部のペルーのアマゾン川上流付近で生産されているフルーツです。
以前まで他国へは輸出が禁止されていたのですが、近年、輸出が解禁され、日本でもスーパーなどに並ぶようになりました。
カムカムを食べることで期待できる栄養素は、ビタミンCです。
現在でわかっている植物の中では最も多いと言われていて、レモンの約56倍、アセロラの約17倍、いちごの約40倍のビタミンCが含まれています。
ビタミンCは、強い抗酸化作用があり、悪玉活性酸素を除去し、体が酸化するのを防いでくれます。
カムカムの凄い成分はビタミンCだけではなく、疲労回復や老化予防に効果的なクエン酸、美白成分でメラニンの働きを抑制して、健やかな肌を保ってくれるエラグ酸などが含まれています。
カムカムの旬な時期、12月から5月までに採れたものは、特に栄養価が高くなると言われています。
それだけ美白や健康に効果が期待されると言われています。
こちらにも詳しくカムカムの効果について書いてあるので参考にしてみてください。
カムカム 効果

関連記事