太陽光発電は、自然の影響に注意しなければなりません。
その中のひとつに、塩害があります。
塩害とは、その名の通り塩分による錆びなどの被害のことです。
主に沿岸部などで、潮風が原因で起こります。
太陽光発電の場合は、パネル部分に関しては、素材的にも変質などの可能性は低く、それほど心配はありません。
しかし、パネルの架台やフレームに影響を及ぼします。
それらの腐食が進行していけば、耐久性の面で大きな問題がでてきます。
また、パワーコンディショナーを外部に設置していた場合は被害があります。
これは太陽光発電の心臓部と言えるほど重要な部分ですが、ネジや配線といった金属を含む部分が特に影響を受けやすくなります。
塩害が起こりやすい地域は沿岸部であり、中でも波しぶきがもろに当たってしまうような「岩礁隣接地域」は、太陽光パネルの設置はまず無理でしょう。
一般的には、海岸からの距離が200m~500m以内だと「重塩害地域」、2km以内を「塩害地域」と呼びます。
しかし、それも地域によって違いがあるため、7kmまでを沿岸地域として、それよりも遠いと一般地域と考えるようです。
また、たとえ沿岸部でなくとも、風向きによって潮風が運ばれてくると被害が及ぶ可能性もあります。
太陽光発電を考えるならば、その土地がどのような特性をもっているかという点にも注目する必要があるのです。
もっと詳しく知りたい方はこちら⇒太陽光発電 塩害

関連記事


    太陽光発電の長所といえば、なんといっても売電ができることです。 毎月の電気料金のお知らせを確認するときに、売電額も確認するのがとても楽しみになっています。 もう一つ忘れがちなのが、発電している間はその…


    これまで太陽光発電と電力自由化にあまり関心がなかったという人はこの2つの違いもあまり分からないと思います。 では、実際に太陽光発電と電力自由化はどこが違うのかというとそれは太陽光発電は自宅に太陽光パネ…


    戸建住宅に住んでおりまして、太陽光発電にとても興味があります。 今ショッピングモールなどで、たくさん営業されていますよね。 営業の方に聞くと、やはりいいことばかりおっしゃいますが、自分で調べてみると、…


    1.単刀直入で誠に申し訳ないのですが太陽光の最大手であり最悪大手であるとあるKJという会社が 私たちの市街化調整区域にやってきて雑種地に太陽光を設置させてくれれば利回り20パーセントで20年間の固定買…


    太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスを利用した再生可能エネルギーの中で、太陽光発電がなぜ急速に日本で普及したのか? 1993年に1000世帯にも達していなかった年間利用者増加数が2010年には10万世…